養育費 払ってくれない

養育費払ってもらえないと諦めてないでください

支払ってくれない養育費を、取り立てできる方法を探していますか?

 

 

養育費取り立て振り込み

私は3年前に離婚して、養育費として毎月3万円貰っていましたが、1年くらい経ったところで元旦那からの入金が途切れました。

 

電話をしても養育費の催促内容だと察知すれば、全く出る気もなさそうだし、元旦那の両親にも相談しても、双方の問題だと聞き入れてくれません。

 

 

それからは、母子家庭で子供を2人育てていますが、昼間のアルバイトと自宅でできる内職で生活をしています。

 

月収にすると、月に約12万円程の収入と母子手当で生計を立てているので、正直、生活していくだけで精一杯の金額です。

 

 

しかし、半年前から毎月途切れることなく、養育費を振り込まれています。

 

私のように養育費の取り立てが難しくて、困っている女性の代わって払ってくれない養育費を取り立ててくれる、私が利用したサービスを知ってもらいたいです。

 

 

 

 

 

 

 

子供の将来のことを考えると心配しかない

私自身、自由に使えるお金はなく、お化粧品もサンプル品を貰って済ませているほど、切り詰めた生活をしていました。

 

日本社会では、ありがたいことに母子家庭には優遇されていることもあり、なんとか生活ができますが、余裕のある生活や貯金とは無縁ですね。

 

 

できれば、子供たちに毎月定期貯金で3,000円づつでも貯金をしてあげたいのですが、叶いそうもありませんm(・_・、)m

 

このままだと、子供を高校にも行かせてあげられるのかとても不安です。

 

元旦那にも養育費の支払いをお願いしていましたが、暴力を振る人なので、逆ギレされて自宅に来られても困るので、何度もお願いするような電話もかかられません。

 

私の要求を受け入れてくれる様子もないので、諦めかけていました。

 

 

養育費をあなたの代わりに取りたててくれる業者が存在する

養育費取り立て相談

養育費が振り込まれなくなったり、もらえなくなったときには、個人的に相手に連絡して請求しますよね。

 

それでも相手にされない時には、裁判所で養育費の調停を起こすこともあるようです。

 

 

このような調停を起こすと、会いたくない人と会わなくてはいけないので、精神的にも辛くなってしまいます((+_+))

 

しかし、これは今までのことで、これからは養育費の一部を手数料として、法律に基づきしっかりと取り立ててくれる法律事務所の弁護士に相談しましょう!

 

 

まさに私が利用したサービスとは、養育費取り立てを代行してくれる法律事務所です。

 

 

法律事務所の弁護士に頼むと、毎月決められた養育費の金額を請求し取り立ててくれるので、確実に養育費が貰えるようになります。

 

手数料は、決められた養育費の金額のパーセンテージで決められているので、毎月確実に養育費を振り込まれるのを待つだけです。

 

 

手数料を引かれても、入ってくることがないと持っていたお金が振り込まれるわけなので、とても助かります。

 

万が一、取り立てができなかった場合(※相手側に財産がない、生活していくだけで精一杯な低収入のとき)があっても、あなたに金銭の負担はありません。

 

 

養育費の取り立て代行してくれる法律事務所
イストワール法律事務所養育費

 

 

貰えなかったかもしれない養育費を法律事務所を通すことで、毎月入ってくると思うだけで安心できますよね。

 

あなたが裕福に暮らすためのお金ではなく、子供の養育に対してもらうお金。

 

あなた一人で子供の養育費を全額負担するのではなく、子供が成人するまで父親と母親が共にお金を出し合うのが目的です。

 

弁護士さんがあなたと元旦那の間に入って中間役をしてくれるので、元旦那とは会うこともなくあなたの味方になって話を進めてくれます。

 

 

 

養育費の取り立てを相談する

↓  ↓  ↓

 

 

 

 

養育費をもらい続けるのは難しいのか?

離婚後の養育費の支払いを継続的に受け取られているケースは、全体の2割にも満たないと言われているほど、女性側にとっては厳しい現状です。

 

その背景には、離婚する時に口約束で済ませてしまったことが大きな要因と言えます。

 

書面に残すことで、約束したことが証拠として残る形を残しておくことが大切です。

 

 

このとき、支払いが滞ったときに肩代わりしてくれる保証人がいれば、完璧な離婚協議書として成り立ちます。

 

私も、離婚時に口約束だけで養育費の話をしただけだったので、言った言わないと言い争うこともありました。

 

 

このサイトを見ていて、子供を連れて離婚を考えている人がいれば、離婚時には必ず養育費のことは書面で残すようにしてくださいね。

 

これがあれば、養育費の支払いが途絶えたときに裁判所での調停のときに、とても有効でもあり、正当な証拠として役立ちます。

 

 

書面に残していなければ、養育費をもらうのは諦めるしかないの

元旦那さんには、二度と会いたくないなんて理由で、養育費の請求をしない人もいるのも事実です。

 

 

相手に継続して入ってくる給料などのお金や財産があれば、養育費を取り立てることができます。

 

条件としては、男性側に支払う意思がなくても、教育費、医療費、子供が成人するまでの衣・食・住に関わる費用は父母双方に支払い義務があるからです。

 

 

あくまでも養育費の支払いは義務であり、支払わないと国や警察からの罰則があるわけでもありませんので、養育費が途切れることは珍しいことではありません。

 

 

そこで裁判所を使って養育費の調停や審判を起こせば、お互いで支払いに対して話し合うことができます。

 

ただ、裁判所では、双方の解決策の提示や助言をしてくれるだけです。

 

それで、元旦那やあなたの現状の収入など複数の事情内容で考慮され、増額することもありますが、減額になることも汗げられます。

 

 

再度、養育費の金額が設定されても、元旦那から確実に入金してもらえるようになるとは限りません。

 

支払ってもらえない時には、元旦那が会社員ならば差し押さえてもらうなどの手続きも必要になってきます。

 

 

 

 

支払いを拒む男性の理由や実態

養育費を支払わない男性の特徴や理由と言い分は、以下のようなことが挙げられます

  • 再婚して、新しい生活にお金が必要で養育費に回せない
  • 再就職による収入低減で支払い不可
  • 元々、お金にダラシナイ
  • 自分の子どもを違う男性の戸籍に養子縁組に移した
  • 高額設定の養育費に嫌気がさした

 

支払う意思があっても支払えない状況があったりすることもあるようです。

 

 

 

 

親権のある女性は養育費で生活苦を免れます

養育費取り立て送金

子供を引き取った離婚では、成人になるまでの養育費を男性側に支払ってもらうことは、子供を育てる親にとって当然の権利であり行為でもあります。

 

離婚原因にもよりますが、相手側から貰えるものは、慰謝料と子供がいれば成人するまでの養育費です。

 

あとは結婚時に貯めた貯金や財産があれば、財産分与として受けとる権利もあります。

 

 

そのうちの養育費は、男性側の都合で支払われなくなることが多く、子供が大きくなるにつれて、女性側が生活苦に陥るケースも少なくありません。

 

昔と比べて男女の差が少なく女性が働きやすくなったと言われる日本社会ですが、女性正社員になれたとしても、男性ほど稼げないのが現実です。

 

 

正社員として就職できたとしても、母子家庭の場合には、子供が小さいほど病気や学校の行事で休みがちになりがちです。

 

大企業でなければ、寛大に休みを取らしてもらえません。

 

協力して子供の面倒をくれる両親が近くにいなければ、女性が正社員として働くことはまだまだ難しい時代です。

 

 

子どもが中学→高校→大学と大きくなればなるほど、お金がかかるようになります。

 

そのため、養育費をもらうことは途切れさせてはいけないし、払い続けてもらうことが大切なのです。

 

 

養育費の取り立てを相談する

↓  ↓  ↓

 

更新履歴